外出自粛中にカメラと写真を学ぼう!

お家にいながら映画館「EF-100W」をレビュー!天井投影もできるお洒落プロジェクター!!

本日もご来店いただきましてありがとうございます。現役家電販売員のSABOです。

 

大画面で迫力のある映像が楽しめるのにデザイン性抜群でコンパクトな「EF-100W」。プロジェクターっていまいちビジネス色が強くて家庭とかお洒落なお店には受け入れにくかったんですよね。

 

今回紹介するのはそんなイケてる空間にお住いの方におすすめできる「EF−100W」をお借りすることができたのでレビューしていきます。

今までになかったお洒落デザイン

EF-100の最大の特徴が、今までのプロジェクターの常識を覆す専用設計のお洒落なデザインを採用。丸みを帯びたスクエアなデザインとコンパクトでスッキリしたデザインなので空間の邪魔になりません。

レーザータイプのレンズを採用してるので出目金感なし!かっこいい!

真四角なスクエアタイプなこともあって縦置きにも対応!

寝ながら映画鑑賞。憧れます

全面の底にスタンドが内蔵していて角度調整ができます。

 

付属品

シンプルなプロジェクターだけあって付属品は至ってシンプル。このあと紹介しますが、本体内部にHDMI入力ケーブルMicroUSBケーブルが内蔵されています。

 

リモコンもシンプルなデザインとボタン配置で使いやすいです。

簡単スタートガイド、取扱説明書、リモコン、電源ケーブルと付属品はシンプル。

 

外観仕様

主な仕様

対応解像度 WXGA(1280✗800)
明るさ 2000ルーメン
コントラスト比 2,500,000:1(なんかの間違いじゃないかと疑うレベル)
大きさ(横✗縦✗高さ) 210✗227✗88
重さ 2.7kg
アスペクト比 16:10
スピーカー 5w✗1
光源 レーザー
通信 Bluetoothオーディオ対応

 

本体前面には操作パネルが配置されており、電源ボタンやフォーカス調整、スクリーンの台形調整ができるようになっている。背面はメッシュのカバーで覆われていて、引っ張るだけで簡単に取り外すことができます。

 

オーバーヒートやエラーも光るランプでお知らせ

カバー装着時は縦置きにも対応できるように3つの脚がみえる

カバーを外すと、HDMIの入力端子と、MicroUSBケーブルが内蔵されている

奥の方にUSB端子とminiUSB端子が見える。miniUSBは今の所使用用途が不明。USB端子はクロムキャストなどのメディアプレーヤーの電源が取れる。2A出力に対応しているため電力不足にはならなそう

 

メディアストリーミング端末を内蔵できる

EF-100の特徴の一つで、背面にクロームキャストやAmazonFireTVなどのスティック型端末を内蔵できるスペースと電源供給用のUSBを搭載している。

プロジェクターの電源だけで動画配信やゲームなどが楽しめるようになっているので使用する部屋を問わずどこにでも持ち出せるのは楽しみが広がります。

旧型クロムキャストを装着した様子。クロームキャストが熱を持っても冷やしてくれる冷却ファンも搭載されている。右側のスリットからHDMIケーブルを外から入れることもできるのでゲーム機なども有線で接続できる

 

現行の丸形クロームキャストは入らない

丸形のクロームキャストは内蔵した状態でメッシュの蓋を閉めることができないので、ケーブルを伸ばして外に出す必要があるので注意しよう

 

本体を縦置きにして天井上映

360度設置できるので壁だけではなく縦置きにして天井にも簡単に投影できます。寝室のベッドで寝転がりながら映画をみられるのは映画館ではできない贅沢ですよね。

天井に映してベッドでリラックスしながら映画鑑賞

 

家中どこでも!

配線が少なくて軽いので持ち運びも楽々!リビングだけじゃなくて、子供部屋や寝室などみたい場所ならどこへでも持っていけるフットワークの良さが本当に魅力です。

若干のズーム(1.35倍デジタルズーム)、や台形補正か簡単に行えるので広さも気にせず楽しめます。

 

 

女性でも軽く持ち運べます。

 

我が家では130インチで

我が家で一番広い壁に投影してみました。大きさは約130インチほど。日中の明るい時間は遮光カーテンを閉めれば問題なさそうです。

音声はEF-100自体からも十分なくらいの出力がありますが、もっと立体感を出したい方はBluetoothスピーカーなど外部スピーカーを活用すると良いと思います。

 

夜間は大迫力で映像鑑賞ができました。

 

日中日が差しててもカーテンを閉めれば十分な明るさ

まとめ

電源ケーブル以外はほぼワイヤレスでコンパクトなプロジェクター「EF-100

投影解像度はWXGA(1280✗800)なのでフルHDですらないのですが、レーザータイプの3LCD方式で発色もよく大満足の映像体験ができました。

今回紹介したEF-100はストリーミング端末を活用して、自宅を手軽に映画館に変えてしまう今どきアイテム。値段は10万円弱とそこそこ値は張るものの今回は3日間と短い期間でしたが本気で購入を考えるレベルでした。

 

もう返しちゃうの?ちゃんとボーナスで買っておくのよー

鬼嫁様もたいそうお気に入りのようです。

2 COMMENTS

カワムラヨシオ

天井投影できません。
まずYouTubeのように天地逆転ができません。
この製品は、真正面にしか投影しないから、頭(枕方向)に行くほど映像が壁に埋もれて、下半分しか天井で視聴できません。

返信する
SABO

コメントありがとうございます。
お借りしたものでのレビューでしたが、天井投影も試してみました。
公式サイトでも天井投影は推奨されているので設定の問題があるのでしょうか。
実際に購入も検討していますのでもし購入した際は再度天井投影も様々な角度から検証してみようと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です