外出自粛中にカメラと写真を学ぼう!

【カメラを買ったら】レンズフードの選び方と3つの効果【レンズフード】

こんにちは!現役家電販売員のさぼてんです。

本日もご来店いただき誠にありがとうございます!

 

さて今回はレンズのアクセサリー「レンズフード」の話です。

こんな方におすすめ

  • 初めて一眼レフ/ミラーレスを購入した初心者の方
  • 一眼レフ/ミラーレスを使ってるけどフードという言葉を初めて聞いた方
  • フードは使わずプロテクターのみで運用してる方

 

 

皆さんは一眼カメラや交換レンズを購入したときに付属している「レンズフード」を使っていますか?

 

一部のカメラには付属してこない場合もあるレンズフードなのですが、レンズのに余計な光が入り込まないようにする目的があり、綺麗な写真を撮るためには欠かせないアクセサリーの一つなんですよ。

 

僕も昔は邪魔でかさばるレンズフードっていかにも一眼レフって感じがして使っていなかったのですが、近年はレンズフードなしは考えられません!

 

初めて一眼カメラを購入する方はカメラのほかにどんなアクセサリーが必要なのかわからないって方のためにも「カメラと一緒に買っておいたほうがいいレンズフードの世界」をお送りします。

レンズフードの3つの効果

①フレア、ゴーストを防ぐ

なんとなくご存知の方も多いと思うのですが、太陽光や夜の強い外套なんかの光がレンズに入り込むとフレアやゴーストと言われる心霊写真の火の玉みたいのがでちゃうんですよね。

 

これが原因でコントラストが低下して全体的に白っぽい写真になったり、心霊写真みたいにないものが映ったりすると失敗写真になってしまいます。

 

レンズフードを装着することによって余分な光をカットして、フレアやゴーストによる写真の劣化を防いでくれるのです。

 

②汚れや雨、水滴から守る

レンズフードによってレンズの前玉に触ったり、擦りついたりしにくくなるので間違って指などが当たってしまうことを防げます。

 

レンズについた汚れや水滴をレンズを傷つけないように綺麗に拭き取るのって難しいんですよね。

 

③落下の衝撃や他人への衝突を和らげる

カメラのレンズって思ってる以上に長いので首から下げていると感覚を失ってよくぶつけてしまうことがあったり、不意にカメラを落としてしまうことってよくあるんです。

 

レンズは光の像を寸分の狂いもなくイメージセンサーに届けるため、何枚ものレンズが中で重なり合って構成されています。

そこに手振れ補正や絞りを調節するユニットなどが機械式時計のように精密に組み込まれています。

そんなレンズを落としてしまったり、強くぶつけてしまうことは避けたいものです。

 

実際に僕のお客様でもレンズに衝撃を与えてしまってメーカーへ修理だし高い修理代を請求されてしまうケースもありました。

 

他人へぶつけてしまって割れたレンズで怪我をさせてしまったという方まで!

 

レンズフードを付けていないと危険なガラスが牙を向いてしまうこともあるのでレンズフードは是非装着しておきたいところです。

レンズフードの3つの効果

①フレア、ゴーストを防ぐ

②汚れや雨、水滴から守る

③落下の衝撃や他人への衝突を和らげる

 

 

 

キットレンズにはフードが付属していないものがある

特に入門向けの一眼カメラではキットレンズにフードが付属していないことが多いので別途購入する必要がありますのでメーカーと機種ごとに付属してないキットと購入すべきフードをまとめてみます。

ニコン一眼レフ(入門機)でフードが付属してないキット

 

  • D3400  レンズキット
  • D3400 ダブルズームキット
  • D5300 18-140レンズキット
  • D5300 ダブルズームキット
  • D5600 レンズキット
  • D5600 18-140レンズキット
  • D5600 ダブルズームキット
  • D7500 18-140レンズキット

 

 

AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR用フード

 

AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR用フード

AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR用フード

 

キャノン一眼/ミラーレス(入門機)でレンズフードが付属していないキット

 

  • EOSkiss X8 レンズキット、ダブルズームキット
  • EOSkiss X8i レンズキット、18-135レンズキット、ダブルズームキット
  • EOSkiss X9 レンズキット、ダブルズームキット
  • EOSkiss X9i レンズキット、18-135レンズキット、ダブルズームキット
  • EOSkiss X10 レンズキット、ダブルズームキット
  • EOSkissM レンズキット18-150レンズキットダブルレンズキットダブルズームキット

EF-S (EOSKISS X シリーズ )用フード

EF-S18-55㎜ IS STM用フード

EF-S55-250MM IS STM用フード

 

EF-S18-135mm IS USM 用フード

 

ミラーレスEF-M(EOS Mシリーズ、KISS M )用フード

EF-M15-45 IS STM 用フード

 

EF-M55-200MM IS STM 用フード

 

EF-M22mm F2 STM 用フード

 

EF-M18-150 IS STM 用フード

 

まとめ

レンズフードの3つの役割と、ニコン、キャノンの代表的な入門機のキットレンズ対応のレンズフードをまとめてみました。

 

僕自身も数年前までプロテクターのみの運用をしていたのですが、特に広角側での写真の劣化をきにしてプロテクター使用をやめてレンズフード運用に切り替えました。

 

少しかさばるのですが、光のコントロールがしやすくなる上にレンズの保護能力も向上するので大変おすすめです。

 

カメラを買ったら是非一緒に購入しておきましょう。

 

①フレア、ゴーストを防ぐ

②汚れや雨、水滴から守る

③落下の衝撃や他人への衝突を和らげる

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です